はまおくとは concept

はまおくとはConcept

浜田港写真

浜田の逸品を大切な方へ

日本海と美しい山々に囲まれた浜田市には
海と山の豊かな恵みがあります。
重要無形文化財の石州半紙に代表される伝統技術があります。
“はまおく”は、この浜田市のこだわりの“いいもの”を知っていただきたい、
そしてこれらの逸品を大切な方への贈りものにしていただきたい
という気持ちを込めて作成しています。
ここでご紹介する、自然の恵み、それを素材にした様々な製品。
これらは古くからの伝統文化継承であり、
また新たな匠たちが素材に手を加え生まれた、
未来に残したいものばかりです。
贈り物とは、何か出来事があった際に贈る特別なもの。
愛情一杯の「はまおく」の品々は、きっと特別な思いを伝えることのできる逸品と、
自信を持っておすすめいたします。

水産業のまち「浜田」。

浜田写真

水産業のまちのシンボル「浜田漁港」は、全国で13漁港のみが指定を受ける「特定第3種漁港」のひとつ。
港では四季折々、漁師さんたちや魚を扱うプロの職人たちが、厳しい基準で魚を選別し、それを仕入れ、加工し、私たちの食卓に並びます。
浜田沖の大陸棚は魚にとって栄養満点の宝の海。その恵みを身近に口にすることができる喜びを、大切な人にも届けたいものです。

浜田の里山の恵みを皆様へ。

里山写真

浜田の里山には、昔ながらの良質な水が脈々と流れ、
その土地深くにしみ渡っています。
そのなだらかな地に降り注ぐ太陽の光と澄んだ空気は、
より一層土地の恵みを豊かにし、四季折々の旬の幸を育んでくれます。
ふるさと浜田の里山の幸を慈しみ、
愛情深く作っているその逸品をご紹介します。

浜田の素材を活かしたこだわりの匠の技。

匠写真

子どもから大人まで、お好みに合わせてお楽しみの味をご紹介。
歴史ある和菓子や素材・製法にこだわり抜いた逸品には、それぞれふるさと浜田の素材や地元生産者の匠の技がいきています。
懐かしい地元の味、知ってほしい浜田のこだわりを、大切な人に心を込めて贈ってみませんか。

昔ながらの製法で作られた至高の味。

どぶろく特区に認定されている弥栄町。
山あいには澄んだ空気がひろがり、恵まれた清涼な水でどぶろくの原料となる上質な米が実ります。
味噌作りもしかり。
また、海に恵まれた浜田では、昔ながらの製法で、
ミネラル豊富な塩作りも営まれています。
山海の幸には欠かせないこれら嗜好の品々。
懐かしくて素朴なふるさとの味は、浜田ゆかりの人も初めて浜田を知る人も、きっと笑顔にしてくれることでしょう。

写真

ユネスコにも登録された、浜田の伝統工芸品。

伝統工芸品写真

ユネスコ無形文化遺産に登録されている「石州半紙」をはじめ、
石州和紙・石見焼・石州瓦製品は、その土地の素材に手を加え、
古くから工芸品として受け継がれてきたものばかりです。
「1000年持つ」と言われている石州和紙は、その丈夫さから、
石見神楽の面や蛇胴の材料として使われている優れもの。
これら伝統ある素材に触れやすくした製品をご紹介します。

ページトップ